カテゴリー:メディカルカッピング療法

メディカル・カッピングに関する新刊本が発売されました

2018年7月13日

 

当院で実施している治療法のひとつ
『メディカル・カッピング療法~NAT針療法~』

 

導入から1年が経過し、当院でも手ごたえを感じています 🙂

この治療法は、東京の蔡内科皮膚科クリニックの蔡篤俊先生が考案した治療法であり、当院院長は、幸運にも蔡先生より直接この治療法を伝授いただき導入にいたりました。

 

この度、このメディカル・カッピングに関して、考案者の蔡篤俊先生の新刊本が幻冬社より発売されましたので、その一部をご紹介いたします。
こちらは本のごく1部分になりますので、興味のある方はぜひ直接本をお読みくださいね 🙂

 

 

~以下、本からの抜粋です~

 

皮膚は、体の状態が最も現れやすい部分です。
皮膚の異常は体が発する要注意信号であり、皮膚のかゆみや赤く発疹する原因は体内にたまった毒素の影響です。
(祭先生は、血流が滞っている場所に滞留している血液を‘汚血’と呼んでいます)

         

汚血は皮膚の下の毛細血管にたまり、免疫細胞はこれらの異物を排除しようとしますが、異物を体外に出す方法がありません。
そこで炎症が起き、「かゆみ」を引き起こすのです。
「かゆい」と感じたときに肌をかくと、血液や体液と一緒に異物が外に放出されます。
それと同時に外部から細菌などが侵入しやすくなります。

      

免疫機能が正常であれば、細菌は退治できます。
しかし、免疫機能が異常になっていると、もしくは過剰に反応すると、細菌を駆逐しようとして炎症が起こります。
免疫機能が過剰に反応し続けると、皮膚の下の組織が破壊され、かゆみや湿疹などがひどくなっていきます。
このときに油性の化学薬品を塗ると、免疫機能が抑えられるため、過剰な反応は静まりますが、細菌などの増殖が食い止められなくなります。
つまり薬を塗っても肌の炎症は治まるどころか、新たな炎症を生んでしまいます。

 

炎症が続くと、肌の組織はどんどん破壊されていきます。
肌の表面の角質層は、再生と堕落を繰り返して肌の健康を維持していますが、その働きにも異常が現れます。
こうして肌の状態はますます悪くなり、四六時中かゆい、という症状になっていきます。アトピー性皮膚炎や乾癬と言われる病気で現れやすい症状です。

 

油性の化学薬品は症状を悪化させ、肌の下で起きている原因を突き止めず、表面的な「炎症」を抑え込んでいるだけです。
化学薬品を使い続けると、汚血がたまっていき、さらに悪化していまします。
つまり現代医学は慢性の皮膚病を生んでいるとも言えるでしょう。

 

ステロイド剤は一時的に症状を封じ込めるだけで、アトピー性皮膚炎の根本治療にはなりません。
治らないどころか、長引かせ、よりひどくしてしまう結果になるのです。
長い期間ステロイド剤を摂取し、体内に蓄積されると、さらに炎症を起こして、かゆみ、痛みが出てきます。
するともっと強力なステロイド剤と抗アレルギー剤を投与する。
その繰り返しで、皮膚病患者はよくなるどころか、症状がひどくなっていきます。

 

体調が悪い人に血流が滞っている場合が多いというのは、いまや多くの人に知られている事実でしょう。
その滞っている場所に滞留している血液が汚血です。

 

汚血がたまりやすい場所は、後頭部と頸椎の間、耳と目と咽頭の三角地帯、頭蓋骨の空洞、背中、両脇下、肩甲骨の周辺、肩甲骨と胸椎の間、腰椎の両脇、骨盤の上部、大小関節の隙間などです。
なかでも背中は、汚血のタンクともいうべき場所。
脊椎の両側や肩甲骨のまわりは、とくにたまりやすい場所です。

 

汚血がたまっている人の背中は、微妙にでこぼこしています。
へこんだところに汚血が蓄積しているからです。
このように汚血は体表近くに集まりやすいため、外から物理的に取り除くことが可能です。
そのため洋の東西を問わず、民間療法として瀉血や蛭に血を吸わせる療法がありました。
中国医学では鍼で汚血を取る方法やカッピングなどの技術が存在していたわけです。

 

以上、蔡先生の本からの抜粋はここまでです。

メディカル・カッピングは、蔡先生のこうした考えから生まれた治療法なのです。

 

 

なお、当院ではステロイドそのものを否定しているわけではありません。
当院のステロイドについての考え方は、以下をクリックしてご覧くださいませ 🙂
【脱ステロイド軟膏】(当院HP内)

 

カッピング関連記事が雑誌に掲載されました

2018年1月30日

1月26日(金)発売の雑誌『フライデー(2月9日号)』に当院で導入している「メディカル・カッピング~NAT針療法~」の蔡(サイ)クリニックが掲載されました。

 

蔡(サイ)クリニックへ研修に行ってきました! 

2017年10月27日

 

6月より開始した『メディカル・カッピング~NAT針療法~』

 

更なる技術の向上を目指し、施術スタッフが東京に研修に行ってきました。

 

 

この療法は、東京の蔡内科皮膚科クリニックの蔡先生オリジナルの療法です。

蔡内科皮膚科クリニックのHPはこちら

『蔡内科皮膚科クリニック』

 

当院ではこの療法を直接、蔡内科皮膚科クリニックより伝授いただき、2017年6月7日より導入いたしました。

 

導入から4か月。
NAT針療法の効果を実感させていただく臨床例が増えてくると同時に、この療法を必要とする方に届けたいという想いも強くなっています。

 

必要とする方により良い治療を提供するため、更なる技術向上を目指し、去る10月18日、施術スタッフが東京の蔡内科皮膚科クリニックに伺い、直接指導を受けてきました。

 

研修当日も、蔡クリニックに多くの方が遠方から治療を受けにいらっしゃっており、この療法を必要としている方の存在を改めて実感しています。

 

『メディカルカッピング~NAT針療法~』の存在が、必要としている方に届きますように。。。☆彡

 

 

最後に、この療法を取り入れた院長の想いを当院HPより抜粋します。

 

~院長の想い~

開業して25年を超えました。
すべての皮膚病には「汚血」という血のめぐりの悪さがあると、多くの臨床例で解りました。

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、尋常性ざ瘡、酒さ・・病名にかかわらず。皮膚に何か発症するということ自体、間違いなくその部分に血の巡りの悪さがあり、そのことにより同部に体内残留廃物がたまっています。

この状態を改善するには、血流改善と同時に体内残留廃物の除去・排出が大切です。便、尿、汗、月経などで正常な排出がされていれば良いのですが、そのこと自体がうまく機能していず、なかなかこの体内残留廃物を取ることは、漢方薬のみでは難しく、時間がかかる・・私は常々「どうにかならないのか?!」と問題意識を持っていました。

そして蔡先生のNAT針療法に出会い、非常に幸運にも先生から直接教わることができました。

この方法により、慢性の病気の方が早く苦しみから解散されますように!!

 

医療従事者と患者のイラスト

メディカル・カッピング~患者様の声~

2017年8月22日

当院にてメディカル・カッピング『NAT針療法』を開始して2ヶ月が経過し、ご来院くださる患者さんも増えてきました。

この2ヶ月間で、カッピングの効果を知っていた私たち自身もその効果を改めて実感し、この方法を病に苦しむ方々に届くようにお伝えしていくこともまた、私たちの大切な役割のような気がしています。

今日は当院にてメディカル・カッピングを受けてくださった方々の実際の声をお届けします。

 

「痒みが十分の一になり、夜、熟睡できる。」(40代・男性)

「主人に良くなったと言われた。」(50代・女性)

「保湿剤を塗らなくても良くなった。」(40代・男性)

「会社の人に驚かれた。」(40代・男性)

「背中のカサカサがなくなった。」(30代・男性)

「カッピングの後、肌の状態がとても良い。」(30代・女性)

等々。。。

これは、いただいた感想の一部ですが、この2ヶ月の間にこのように嬉しいお話をいくつもいただいています。

 

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、尋常性ざ瘡、酒さ、、、、等々さまざまな痛みや痒みで悩み苦しむ方々に、メディカル・カッピング『NAT針療法』の存在を知っていただきたいと願っています。

病に悩み苦しむ方々が、早くその苦しみから解散されますように。。。

 

 

メディカル・カッピング『NAT針療法』についての詳しい情報は、こちらのページをご覧ください。

『メディカルカッピング療法』 ~NAT針療法~

 

 

 

メディカルカッピング療法~Q&A~

2017年6月17日

『メディカルカッピング療法』

~NAT針療法~

 よくある質問を集めてみました。

 

Q. 痛みはありますか?

A.  痛みは伴いますが、刺す場所や個人の感じ方によって差はあります。

    0.01ミリの細い針を使用し浅く刺すので、ほとんどの方が「チクッ」とした程度の痛みです。

 

Q. カッピングの痕はどのくらいで元に戻りますか?

A.  通常で3~10日くらいで戻ります。

年齢や体質にもよります。痕の色が濃い場合はもう少し時間がかかります。

 

Q.どのくらいの間隔で受ければいいのですか?

A. お体の状態により異なります。初診時に先生から説明があります。

大体は初めから数回は詰めて受けていただき、だんだん間隔をあけていきます。

 

Q.感染の心配はありませんか?

A.  針は使い捨てのものを使用します。

カップは1回づつ滅菌したものを使用しますので感染の心配はありません。

 

Q.どんな症状に効果がありますか?

A. アトピ-性皮膚炎・酒さ・尋常性疥癬をはじめとするあらゆる皮膚炎・慢性疾患・生活習慣病などに効果があります。

 

Q.だれでも受けることができますか?

A. 当院では妊婦の方・小児の方への施術は行っていません。

他にもお受けできない症状もありますのでお電話で問い合わせ頂くか、もしくは一度当院の診察を受け医師にご相談ください。

 

Q.何回くらいで治りますか?

A. その方の症状と疾病期間などにより異なりますので何回と決めることはできません。

 

Q. 副作用はありますか?

A. ありません。献血をした後と同じ状態ですので、倦怠感・眠気・めまい・ふらつきなどがおこることもあります。

施術前はその日の体調をしっかりお伝えください。

 

Q.当日はどんな服装で行けばいいですか?

A. こちらで用意したものに着替えていただきます。

着替えがしやすく、また汚れてもよい服装でお願いいたします。

 

Q.時間はどのくらいかかりますか?

A. 施術時間は40~50分です。

問診表を記入したりお着替えの時間もありますので、ゆとりをもってお越しください。

詳しくは予約時にお伝えいたします。

 

Q.他のカッピングとは何か違うのですか?

A. 当院で行うメディカルカッピングは30年の実績がある東京の蔡内科皮膚科クリニックの指導を受け行っているものです。蔡先生考案の電動式の針とポンプを使用することにより手動とは違い、皮膚に刺さる針の深さと吸引圧を一定に保つ事が出来ます。これにより施術を受ける方への負担を軽減することが可能になりました。