あなたと色

2019年7月21日

こんにちは!最近はセミも鳴いていて、すごく夏って感じがしますね。

色は私たちの気分や行動に強い影響を及ぼしています。

例えば赤は私たちに温かさや情熱、強さをくれます。また、ポジティブな面だけではなく、無神経、攻撃的な印象もあります。場や目的に合わせて色を変えるのが良いでしょう。

また印象だけでなく、色は身体にも影響を及ぼします。オレンジ色は消化を助け、青色は喉と関係し、マゼンダは腎臓の働きを活発化させます。

そんな効果のある色たちは、

なんと!   うまく扱えばヒーリング効果も期待できます。

実際医療現場でよく使う、レーザー、LED治療なども、色というものに特徴があります。青色LEDは炎症を落ち着かせる効果として主に使われ、赤色は創傷治癒全体を促進する効果があります。 院長はカラーパンクチャーという、人体のツボに針をささず、色をあてていく治療もしますが、これらも大きな効果をもたらせています。

とても面白いですよね!

日本東洋医学会学術総会に行ってきました!

2019年7月2日

こんにちは!最近雨が多くて少し気持ちがどんよりしてしまいますね。しかし、この雨が過ぎれば晴れがきて夏の綺麗なお空が見えますよ!楽しみです!

 

奈津院長が6/29,6/30日本東洋医学会学術総会に参加してきました!

 

東洋医学会は医師、鍼灸師、薬剤師など東洋医学的なものならなんでもokな会ですので、楽しいです!
いい生薬と質の悪い生薬の見分け方、齧ってみたり、匂いを嗅いでみたりしてました!

水に浮かべたナスに針を刺す、浮きもの通し懐かしいかったですね。艾のよもぎを捻ったりするんのです。今回はそんなコーナーで学びながら、遊べました。医学部の学生さんの発表も薬膳や入浴剤の研究をされてて、感心しました。
夏に向けて、体にいいジュース。

漢方が飲めない方は、そんなのもいいですよね!

 

 

夏にピッタリ!シソについて

2019年6月30日

こんにちは!そうめんがおいしい季節になってきましたね。そうめんと言えば、私は薬味に凝る方なのです。というか、実際薬味を食べるためにそうめんを食べるというのがあっていますね。

この薬味は実は単においしいだけでなく、さまざまな効能があるんです。

そこで薬味の中で本日はシソをご紹介いたします!

シソは紫蘇葉といいます。 民間療法では脳貧血を起こした時、御酒をわかしてその中に葉を浸して飲むとよいとされたり、カニ、魚、鳥獣肉の中毒の時や風邪にも使われています。ある種の蕁麻疹にも効くようです。

 我々が食べ物に沿えてシソを食べる時、このよい香りをかぐだけで胃腸機能が大変よくなり、食欲が湧いてくるという効果があります。また夏場に痛みやすい食物の中毒予防などの意味があるんですね。なので夏にピッタシの薬味です!

天ぷらなどにしても美味しいシソ、是非食べてくださいね!

汗疱ってご存知ですか?

2019年6月21日

こんばんは!最近、奈津先生がイタリアの学会に参加しました。しゅさの漢方治療についてのポスター発表をしましたよ!

 

さて、今日のテーマは汗疱です!
汗疱とは手のひらや足の裏などに粟粒大の水泡が生じる病気のことです。水泡の大きさは粟粒大のことが多いですが、時々それ以上に大きい皮膚変化となることもあります。多発することもまれではありません。

 

また、治癒過程でかさぶたが付着したり、再発したりすることもあります。

 

正常な皮膚がはがれ落ちた部位に細菌感染が合併し、蜂窩織炎ほうかしきえんなどの皮膚感染症の温床となることもあるため注意が必要です。

 

汗や洗剤などの刺激から避けるためには手の清潔や湿潤を保つためのクリームの使用、手袋の使用などが必要ですね!

 

もし、汗疱かも?と思ったら直ぐに病院へ!

肝について

2019年6月10日

こんにちは!

前回は気・血・水についてお話ししました。

 

今回は東洋医学的に見た臓器のお話を少し。

 

基本的には一般的な西洋医学的にみた臓器の働きのイメージと大きくは変わりません。

ですが、東洋医学的な臓器の見方をしていくと

意外な働きがあったり、他の臓器や体の部位との関わりがあったりします。

 

まず東洋医学では各臓器

肝・心・脾・肺・腎

胆・小腸・胃・大腸・膀胱

このように分類しています。

 

これらの臓器が、日々、気・血・水を体中に巡らせるために働いてくれています。

 

ではそれぞれの臓器がどのような働きをしているのかをお話ししますね☆

 

まずは「肝」

肝には血を貯蔵し、必要に応じて血液を体に送り出し、体の様々な器官の働きを調節するという働きがあります。

ですので、肝の機能がうまく働かないと体の色々なところに症状が出ます。

 

 

〇肝と関わりのあるものとは・・・ 

・季節⇒春 …春は肝の機能が非常に盛んになる時期。

・味⇒酸 …酸味は肝の機能を高めてくれます。

・体の部位⇒筋、腱、目、爪 …肝の機能がうまく働いていない時にここに症状が出ます

 

〇肝がうまく働いていない時の症状

・イライラしやすい  ・めまい、立ちくらみ  ・目が疲れる、目がかすむ

・口が苦い  ・落ち着きがない  ・のぼせ  ・生理痛、生理不順  etc…

 

春の花粉症なども肝の機能不良から来ていると考えられます。

 

病院にいって薬で何とか治まっても、また同じ症状が出てきてしまうのは根本的な機能が改善していないからなのです。

その時、辛い症状をお薬で改選しながらも、根本にある悪いものを取り除いていけば、おのずと体は良くなっていきます。

そして普段の生活習慣を見直せば、病気に負けない体をつくることができます。

 

当院で行なっているNAT鍼療法はさまざまな体の不調にアプローチすることが出来ます。

尋常性乾癬、酒さ、軽度~重度のアトピーの方や、検査では異常はないけれどなんとなく体がしんどいといった症状をお持ちの方が利用いて下さっています。

お悩みの症状があり気になっておられる方は遠慮なくお問い合わせくださいませ。

みんなの知らないオリーブの効能

2019年6月5日
  1. こんにちは!だんだん夏に近ついてきていますね。夏服を着ているところや冷房機械をつけているところはもうあるかもしれないですね。私はもう夏服を着始めています。

 

最近院長がオリーブを育てているそうです!皆様はオリーブって聞いて何を思い浮かべますか?

一番身近にあるのはオリーブオイルですよね。
オリーブオイルの効能と言えば、血をサラサラにしてくれて動脈硬化、高血圧、心疾患の予防、改善ですよね。


それではオリーブの葉の性能ってご存知ですか?
ご存知ない方がほとんどだと思います。それもそのはず、日本に小豆島以外ほとんどオリーブの木が育っていなかったですし、まだオリーブ葉を原料とした加工品はそんなに出回っていなかったのです。


しかし、
オリーブの葉は血糖値低下作用、 老化防止、抗ガン作用、美肌効果、心臓病の予防、利尿作用、コレステロール降下作用など多くの効能があるのです!
実際オリーブの葉は古来よりヨーロッパの地中海付近では、食用および抗炎症などの目的で民間薬として使われてきたそうです!

また日本ではオリーブの実は育ちにくいですが、なんとオリーブの葉は育ちやすいのです。
これからどんどん日本でオリーブの葉による商品はできていくでしょう。

気をつけて!水銀の有毒性

2019年5月31日
  1. こんにちは!六月になりましたね。もう今年残り半分です。今年中にしておきたい事忘れてませんか?私も年末になった今年の目標達成できなかった……となってしまうことが多いです。

皆さん、学校などで水俣病って習いましたよね。水俣病の原因って覚えてますか?調べられたらわかると思いますが原因は有機水銀です。

水銀は人体に有害な物質の中でも神経毒性の強い物質なのですが、そんなの私たちに関係ないって思ってません?

水銀は、人体に有害な物質の中でも神経毒性の強い物質です。全身にあらわれるさまざまな不快な症状――感覚異常・不眠・神経的なイライラ・頭痛・めまい・アレルギー・原因不明の痛み等――は、もしかしたらお口の中のアマルガム(水銀と他の金属の合金)のせいなのかもしれません。

実際、アマルガムを除去することで症状が改善されるケースも、少なくありません。

また、子供を希望する女性や妊産婦の方にとっては、アマルガムはさらなる危険を秘めているといえます。

水銀のために妊娠しにくくなるという報告があるうえに、水銀が胎児や母乳にまで届く怖れがあるというのです。

もしかしたらそうかも?と思ったら水銀テスト受けてみてはどうですか?血液、髪、尿から調べられます。

色んな漢方を知ろう!〜2〜

2019年5月28日

こんにちは!今日は大阪などでは雨が続きそうですね。梅雨入りでしょうか。これから雨が続くのであれば折り畳み傘などカバンに忍ばしておくのもいいですね!

生姜

皆さんがよく食べる生姜ですが、それは漢方薬でいう生の生姜 です。漢方薬の生姜には二通りあって、その生生姜(ヒネショウガ)と乾燥させた乾姜です。
しかし、それも日本と中国では作り方が違っており、日本でいう生姜とは乾燥させたショウガ、乾とは蒸した後に乾燥させたショウガであり、中国でいう生姜は、本当の生ショウガ、乾姜とは、乾燥させたショウガをいいます。

どれもショウガ科の植物の根茎なのですが、生と乾燥で効果がまったく違ってきます。

生のほうは食べると汗がでて、風邪を治したり、咳、吐き気、食欲不振の改善になります。よく日本でもショウガをすりおろして食事に沿えるのは、このような効能を期待しているわけですね。
乾のほうは、体を中から温める作用が強く、おなかが冷えることによる下痢、便秘、腹痛などにききます。

症状にわけて、食べ比べるわけですね!

色んな漢方を知ろう!〜1〜

2019年5月14日

こんにちは!今日は大阪では雨が降りそうでしたが降りませんでしたね。もしかすると夕方に降ってくるかもしれません。夕方、お出かけの際は雨具を持っていきましょう。

 

今日は奈津先生の漢方紹介のコーナーです!

 

今回の漢方は………

 

檳榔子!

檳榔子(びんろうじ)とは?

漢方薬の一つでヤシ科ビンロウヤシの種子です。駆虫作用を主体に、腸管運動の促進や、下肢の浮腫の治療抗菌抗ウイルスなどの作用が見られます。産前産後の神経症、月経不順に効く女神散(にょしんさん)などに含まれます。中国や東南アジアなどで栽培されるそうです。

また、中国などでは嗜好品として用いられているようです。

なんと檳榔子の果実を覆う皮も檳榔子と同様の作用があるそうなのです!その皮は「大腹皮」と呼ばれます。

台湾に行ってきました!

2019年5月8日

お久しぶりです!皆さまはゴールデンウィークどうお過ごしでしたでしょうか。奈津先生は薬剤師の先生たちと漢方の勉強の為台湾に行ってきました!日本ではなかなか手に入らない漢方がたくさん見られました。

 

上の写真では漢方を昔ながらの測り方で調合してらっしゃいます。

もちろん勉強だけでなく台湾を満喫してきました!台湾人はとても朗らかな人が多く、食べ物もとても美味しかったです。渡辺先生もにっこり!

 

次回からはオススメの漢方とその性能についてお知らせしていきます!ご期待ください!