月別アーカイブ:2019年6月

夏にピッタリ!シソについて

2019年6月30日

こんにちは!そうめんがおいしい季節になってきましたね。そうめんと言えば、私は薬味に凝る方なのです。というか、実際薬味を食べるためにそうめんを食べるというのがあっていますね。

この薬味は実は単においしいだけでなく、さまざまな効能があるんです。

そこで薬味の中で本日はシソをご紹介いたします!

シソは紫蘇葉といいます。 民間療法では脳貧血を起こした時、御酒をわかしてその中に葉を浸して飲むとよいとされたり、カニ、魚、鳥獣肉の中毒の時や風邪にも使われています。ある種の蕁麻疹にも効くようです。

 我々が食べ物に沿えてシソを食べる時、このよい香りをかぐだけで胃腸機能が大変よくなり、食欲が湧いてくるという効果があります。また夏場に痛みやすい食物の中毒予防などの意味があるんですね。なので夏にピッタシの薬味です!

天ぷらなどにしても美味しいシソ、是非食べてくださいね!

汗疱ってご存知ですか?

2019年6月21日

こんばんは!最近、奈津先生がイタリアの学会に参加しました。しゅさの漢方治療についてのポスター発表をしましたよ!

 

さて、今日のテーマは汗疱です!
汗疱とは手のひらや足の裏などに粟粒大の水泡が生じる病気のことです。水泡の大きさは粟粒大のことが多いですが、時々それ以上に大きい皮膚変化となることもあります。多発することもまれではありません。

 

また、治癒過程でかさぶたが付着したり、再発したりすることもあります。

 

正常な皮膚がはがれ落ちた部位に細菌感染が合併し、蜂窩織炎ほうかしきえんなどの皮膚感染症の温床となることもあるため注意が必要です。

 

汗や洗剤などの刺激から避けるためには手の清潔や湿潤を保つためのクリームの使用、手袋の使用などが必要ですね!

 

もし、汗疱かも?と思ったら直ぐに病院へ!

肝について

2019年6月10日

こんにちは!

前回は気・血・水についてお話ししました。

 

今回は東洋医学的に見た臓器のお話を少し。

 

基本的には一般的な西洋医学的にみた臓器の働きのイメージと大きくは変わりません。

ですが、東洋医学的な臓器の見方をしていくと

意外な働きがあったり、他の臓器や体の部位との関わりがあったりします。

 

まず東洋医学では各臓器

肝・心・脾・肺・腎

胆・小腸・胃・大腸・膀胱

このように分類しています。

 

これらの臓器が、日々、気・血・水を体中に巡らせるために働いてくれています。

 

ではそれぞれの臓器がどのような働きをしているのかをお話ししますね☆

 

まずは「肝」

肝には血を貯蔵し、必要に応じて血液を体に送り出し、体の様々な器官の働きを調節するという働きがあります。

ですので、肝の機能がうまく働かないと体の色々なところに症状が出ます。

 

 

〇肝と関わりのあるものとは・・・ 

・季節⇒春 …春は肝の機能が非常に盛んになる時期。

・味⇒酸 …酸味は肝の機能を高めてくれます。

・体の部位⇒筋、腱、目、爪 …肝の機能がうまく働いていない時にここに症状が出ます

 

〇肝がうまく働いていない時の症状

・イライラしやすい  ・めまい、立ちくらみ  ・目が疲れる、目がかすむ

・口が苦い  ・落ち着きがない  ・のぼせ  ・生理痛、生理不順  etc…

 

春の花粉症なども肝の機能不良から来ていると考えられます。

 

病院にいって薬で何とか治まっても、また同じ症状が出てきてしまうのは根本的な機能が改善していないからなのです。

その時、辛い症状をお薬で改選しながらも、根本にある悪いものを取り除いていけば、おのずと体は良くなっていきます。

そして普段の生活習慣を見直せば、病気に負けない体をつくることができます。

 

当院で行なっているNAT鍼療法はさまざまな体の不調にアプローチすることが出来ます。

尋常性乾癬、酒さ、軽度~重度のアトピーの方や、検査では異常はないけれどなんとなく体がしんどいといった症状をお持ちの方が利用いて下さっています。

お悩みの症状があり気になっておられる方は遠慮なくお問い合わせくださいませ。

みんなの知らないオリーブの効能

2019年6月5日
  1. こんにちは!だんだん夏に近ついてきていますね。夏服を着ているところや冷房機械をつけているところはもうあるかもしれないですね。私はもう夏服を着始めています。

 

最近院長がオリーブを育てているそうです!皆様はオリーブって聞いて何を思い浮かべますか?

一番身近にあるのはオリーブオイルですよね。
オリーブオイルの効能と言えば、血をサラサラにしてくれて動脈硬化、高血圧、心疾患の予防、改善ですよね。


それではオリーブの葉の性能ってご存知ですか?
ご存知ない方がほとんどだと思います。それもそのはず、日本に小豆島以外ほとんどオリーブの木が育っていなかったですし、まだオリーブ葉を原料とした加工品はそんなに出回っていなかったのです。


しかし、
オリーブの葉は血糖値低下作用、 老化防止、抗ガン作用、美肌効果、心臓病の予防、利尿作用、コレステロール降下作用など多くの効能があるのです!
実際オリーブの葉は古来よりヨーロッパの地中海付近では、食用および抗炎症などの目的で民間薬として使われてきたそうです!

また日本ではオリーブの実は育ちにくいですが、なんとオリーブの葉は育ちやすいのです。
これからどんどん日本でオリーブの葉による商品はできていくでしょう。