カテゴリー:未分類

韓国に行ってきました!

2019年11月1日

当院でヘビーユーズされているフォトナレーザーの韓国研修に当院理事出席しました!

日本からは宮田先生がご講演、韓国のリー先生とのコラボでした。そこの一台で美容婦人科(尿失禁や、更年期治療)、薄毛、しみ、しわ、いびき、くちびる・・など全部Okなんで、毎日どれかには使っている状態です。
韓国では、カンジャンケジャン、マツタケスープなど、ちょっと普段いただけないものをいただいたり・・「おいしい旅」でもありました(笑)
韓国の方たちが一緒に写真をとるときに、全員「指ハート」のポーズをとっておられ、最初私は何かわからなかったので、???でしたが、調べてわかりました。
はやってるんですね(笑)

 

仮面治療

2019年10月31日

先日、「驚異と怪異」というテーマの展覧会を見てきました。

世界各地の異形のもの、仮面やオブジェなどの展覧で、品ぞろえとしては大変申し訳ないけれど、土産物のようなものが多く、浅く、ぺらっとした感じで終わってしまっていました。物の怪たちを詳細に描いた古書も、ガラス越しで眺めるだけで、じっくり読めなかったので不満が残りました。

また、どうしてこのようなものをずっと人類が大事にしてきたか、怖いな~と思いつつも失わずにきているのか?というところまで迫ってはいかないのがもどかしかったです。

 

私は昔から異形のものや仮面などに大変興味をもっており、韓国の仮面劇の写真集など集めておりました。

また、スリランカでは悪魔の仮面をつけて悪魔祓いの儀式をする、病気治療というものがあるとアーユルベーダの学習の際現地で教えられ、非常に興味をもっていました。病気を治す役、悪魔の役、保護する役、幸運をもたらす役など各仮面はその役割をもちます。精神的に問題が起き、通常の治療であまりよくならない場合の奥の手として、どこかの小屋にその方を連れて行き、目の前でこの仮面劇を見るようです。観光客が、宴会場で劇を見るのとわけが違いますので、相当、怖いというかインパクトがあると思われます。

また韓国の仮面も両班をからかったり、風刺の面も強いですが、なんと「梅毒」というお面があったりして、邪気を払う儀式として行われていたということも確かです。

 

少し異形のものの話をしますが、中世の王国時代の映画などみても必ずといってよいほど王のそばに道化または異形のものが存在します。それは誰もが敬わないといけない絶対君主を唯一からかってもよい存在です。

なぜまがまがしいとまでいえる状態を王室に引き入れるのか、私はこの二次元で「聖なるものと邪なるもの」「正しいものと間違っているもの」の分別の中で、現実的には「聖なるもの」「正しきもの」を追いかけるにせよ、エネルギー的には、両者が中和をはかっていくようにしているように感じています。

あなたも副腎疲労かも!?

2019年10月31日

こんばんは!今日はハロウィンですね。街に出かけてみると仮装した人たちがたくさんいるかもしれません。

先週末はアンチエージング学会日本会議に出席し、盛りだくさんな内容の講義を聞いてきました!

慢性疲労症候群や、副腎疲労という言葉がありますが、特に最近この後者の「副腎疲労」という言葉が使われることが多いです。

 

我々は精神的、肉体的なストレスにさらされると、コルチゾールというホルモンを体内で増やし、対処しようとしますが、その状態が遷延すると、逆にそのコルチゾールが枯渇した状態になり、全身あらゆる臓器が機能不全になってくるという状態です。ですから、まだ初期の方はコルチゾールが高く、末期状態のかたは低くなるというわけですね!

 

当院では、慢性疲労症候群の方も多くおられますが、アトピー性皮膚炎など長期皮膚疾患が長く続いておられるかたも、常に体内が炎症状態、戦闘状態にありますので、最終的には、この慢性疲労症候群末期と同じような状態になってしまわれます。

元気が出ず、常に眠いような、そして低体温で、温度差に弱いという感じです。こうなると最初はよく効いていたステロイド剤もあまり効かない、反応不良の状態ともなり、なんともお手上げ状態になることがあります。

体内のホルモン動態、はアレルギー検査などと違い、普段あまり測定しませんが、今後このような観点から、治療をとらえてみるべきだと思っています。

ユーザーズミーティングに行ってきました!

2019年9月16日

こんばんわ!九月になって蒸し暑い日も少なくなってきましたね。過ごしやすい日が多くなって何よりですね。

先週、ユーザーズミーティングに参加してきました。

有名美人講師に美容業界トレンドについて、例えば最近人気の美容に関するアプリ、診断についてや医療美容的発想の化粧品などとてもためになるお話をしてもらいました。

また、製品の使い方を実践してくださったり、実際にローションとクリームを作成体験させたいただきました。特に製剤の作成体験はとても興味深く、入れていく製品がどんなものなのか前もって伝えられていたのでより性能を実感することができました。

アメリカのセミナーに行ってきました!

2019年8月21日

お久しぶりです!皆さんお盆は楽しめましたか?奈津院長はアメリカに行ってきたそうです。そちらの脳に関するセミナーに参加してきたようです。今日はそのお話をさせていただきます。

精神病は心の病ではなくちゃんと治すことができる。
これは院長が今回のセミナーで一番印象的に感じたことの一つだそうです。精神病は心ではなく脳の病ではないかと主張する先生の言葉です。そう考えると精神病を改善できる方法がより出てきます。医療の大きな可能性を感じますね!

ほかにもオメガ3の話などの話が聞けましたし、たくさんの医療系のお店も出店されていました。

とても貴重な体験になったようです。

あなたと色

2019年7月21日

こんにちは!最近はセミも鳴いていて、すごく夏って感じがしますね。

色は私たちの気分や行動に強い影響を及ぼしています。

例えば赤は私たちに温かさや情熱、強さをくれます。また、ポジティブな面だけではなく、無神経、攻撃的な印象もあります。場や目的に合わせて色を変えるのが良いでしょう。

また印象だけでなく、色は身体にも影響を及ぼします。オレンジ色は消化を助け、青色は喉と関係し、マゼンダは腎臓の働きを活発化させます。

そんな効果のある色たちは、

なんと!   うまく扱えばヒーリング効果も期待できます。

実際医療現場でよく使う、レーザー、LED治療なども、色というものに特徴があります。青色LEDは炎症を落ち着かせる効果として主に使われ、赤色は創傷治癒全体を促進する効果があります。 院長はカラーパンクチャーという、人体のツボに針をささず、色をあてていく治療もしますが、これらも大きな効果をもたらせています。

とても面白いですよね!

日本東洋医学会学術総会に行ってきました!

2019年7月2日

こんにちは!最近雨が多くて少し気持ちがどんよりしてしまいますね。しかし、この雨が過ぎれば晴れがきて夏の綺麗なお空が見えますよ!楽しみです!

 

奈津院長が6/29,6/30日本東洋医学会学術総会に参加してきました!

 

東洋医学会は医師、鍼灸師、薬剤師など東洋医学的なものならなんでもokな会ですので、楽しいです!
いい生薬と質の悪い生薬の見分け方、齧ってみたり、匂いを嗅いでみたりしてました!

水に浮かべたナスに針を刺す、浮きもの通し懐かしいかったですね。艾のよもぎを捻ったりするんのです。今回はそんなコーナーで学びながら、遊べました。医学部の学生さんの発表も薬膳や入浴剤の研究をされてて、感心しました。
夏に向けて、体にいいジュース。

漢方が飲めない方は、そんなのもいいですよね!

 

 

夏にピッタリ!シソについて

2019年6月30日

こんにちは!そうめんがおいしい季節になってきましたね。そうめんと言えば、私は薬味に凝る方なのです。というか、実際薬味を食べるためにそうめんを食べるというのがあっていますね。

この薬味は実は単においしいだけでなく、さまざまな効能があるんです。

そこで薬味の中で本日はシソをご紹介いたします!

シソは紫蘇葉といいます。 民間療法では脳貧血を起こした時、御酒をわかしてその中に葉を浸して飲むとよいとされたり、カニ、魚、鳥獣肉の中毒の時や風邪にも使われています。ある種の蕁麻疹にも効くようです。

 我々が食べ物に沿えてシソを食べる時、このよい香りをかぐだけで胃腸機能が大変よくなり、食欲が湧いてくるという効果があります。また夏場に痛みやすい食物の中毒予防などの意味があるんですね。なので夏にピッタシの薬味です!

天ぷらなどにしても美味しいシソ、是非食べてくださいね!

汗疱ってご存知ですか?

2019年6月21日

こんばんは!最近、奈津先生がイタリアの学会に参加しました。しゅさの漢方治療についてのポスター発表をしましたよ!

 

さて、今日のテーマは汗疱です!
汗疱とは手のひらや足の裏などに粟粒大の水泡が生じる病気のことです。水泡の大きさは粟粒大のことが多いですが、時々それ以上に大きい皮膚変化となることもあります。多発することもまれではありません。

 

また、治癒過程でかさぶたが付着したり、再発したりすることもあります。

 

正常な皮膚がはがれ落ちた部位に細菌感染が合併し、蜂窩織炎ほうかしきえんなどの皮膚感染症の温床となることもあるため注意が必要です。

 

汗や洗剤などの刺激から避けるためには手の清潔や湿潤を保つためのクリームの使用、手袋の使用などが必要ですね!

 

もし、汗疱かも?と思ったら直ぐに病院へ!

みんなの知らないオリーブの効能

2019年6月5日
  1. こんにちは!だんだん夏に近ついてきていますね。夏服を着ているところや冷房機械をつけているところはもうあるかもしれないですね。私はもう夏服を着始めています。

 

最近院長がオリーブを育てているそうです!皆様はオリーブって聞いて何を思い浮かべますか?

一番身近にあるのはオリーブオイルですよね。
オリーブオイルの効能と言えば、血をサラサラにしてくれて動脈硬化、高血圧、心疾患の予防、改善ですよね。


それではオリーブの葉の性能ってご存知ですか?
ご存知ない方がほとんどだと思います。それもそのはず、日本に小豆島以外ほとんどオリーブの木が育っていなかったですし、まだオリーブ葉を原料とした加工品はそんなに出回っていなかったのです。


しかし、
オリーブの葉は血糖値低下作用、 老化防止、抗ガン作用、美肌効果、心臓病の予防、利尿作用、コレステロール降下作用など多くの効能があるのです!
実際オリーブの葉は古来よりヨーロッパの地中海付近では、食用および抗炎症などの目的で民間薬として使われてきたそうです!

また日本ではオリーブの実は育ちにくいですが、なんとオリーブの葉は育ちやすいのです。
これからどんどん日本でオリーブの葉による商品はできていくでしょう。