あなたと色

2019年7月21日

こんにちは!最近はセミも鳴いていて、すごく夏って感じがしますね。

色は私たちの気分や行動に強い影響を及ぼしています。

例えば赤は私たちに温かさや情熱、強さをくれます。また、ポジティブな面だけではなく、無神経、攻撃的な印象もあります。場や目的に合わせて色を変えるのが良いでしょう。

また印象だけでなく、色は身体にも影響を及ぼします。オレンジ色は消化を助け、青色は喉と関係し、マゼンダは腎臓の働きを活発化させます。

そんな効果のある色たちは、

なんと!   うまく扱えばヒーリング効果も期待できます。

実際医療現場でよく使う、レーザー、LED治療なども、色というものに特徴があります。青色LEDは炎症を落ち着かせる効果として主に使われ、赤色は創傷治癒全体を促進する効果があります。 院長はカラーパンクチャーという、人体のツボに針をささず、色をあてていく治療もしますが、これらも大きな効果をもたらせています。

とても面白いですよね!