『メディカルカッピング療法』 ~NAT針療法~

2017年5月22日

『メディカルカッピング療法』

~NAT針療法~

 

⑤水虫

 

水虫はもちろん白癬菌感染が原因です。

しかし通常の水虫の内服薬、外用剤は菌を殺すだけに強いもの多く、皮膚にも有害ではあります。

こういった薬を使っても、なかなか完治しないこともあります。

またある方は、かなり清潔に気をつけていても何度も再発しておられました。

逆に、かなり無頓着でも一度も白癬にならない人もいます。

大切なのは、「水虫になりやすい」という体質を改善することです。

水虫は、東洋医学的では「湿熱」と言われており、足には毒素がたまりやすいのです。

 

また、朝から深夜まで働きづめで、食事は不規則でしかもスタミナをつけるために肉食に偏りがち、ストレスはたまり、寝不足で過労になるというように、体にどんどん毒がたまっていく典型的な生活をしていると、毒がたまった人たちが、続々と水虫になります。

水虫は、体に毒を溜めない食生活とたまってしまった体内毒素を排出することが重要です。