『メディカルカッピング療法』~NAT針療法~

2017年5月20日

『メディカルカッピング療法』

~NAT針療法~

 

①アトピー性皮膚炎

 

アトピー性皮膚炎の原因は様々です。

現代医学の治療で治っていかれる方、ステロイド剤の使用でもさしたる副作用もなく、うまくコントロールできる方もおられます。

 

しかし、↓↓↓

  • ・ステロイド剤を使用しても改善しない方
  • ・ステロイド剤は最初は効果があったが、だんだん強いステロイド剤でないと効かなくなっている方
  • ・ステロイド剤を使用すると、一時的に改善するが、止めると悪化する
  • →これの繰り返し。

このスパンがだんだん「改善している時」の方が短くなっている。

  • ・ステロイドの副作用が出ている。

 

という方がかなりおられるわけです。

 

こういう方のために私は「脱ステロイド」と称し、ステロイド剤不使用治療をすすめて参りました。

 

  • ただ、止めるだけで治る方もおられます。
  • 止めるとリバウンドを起こす方、これも辛いですが、ただ待つか、その辛さをより軽減するために他の方法でサポートしたりします。
  • 体質改善のための漢方薬の処方:汗、便、尿、月経などによる排毒をサポートします。

 

しかし、長年ステロイドを使われていた方、また不要な保湿剤を長期使用された方は、肌自体の変質が著しく、その部分から汗を使って毒(不要物)を出すことができず、治療過程にかなり苦しみが伴います。

このことを改善していく、サポートしてくれるのが、この“NAT針療法”なのです。

 

現在、病院で処方されるアトピー性皮膚炎の治療薬の中心となっているのは、ステロイド剤、抗アレルギー剤、免疫抑制剤、かゆみ止め内服薬などです。
しかし、これらの薬はアトピー性皮膚炎を完治することはできません。

かゆみや発疹、発赤などを一時的に抑制するだけです。

 

【治療法】

漢方薬

体質改善をし、排毒サポートをします。

生活習慣改善療法

患者様本人に生活習慣を改善して頂きます。

NAT針療法

体の外から悪因子を吸い取ります。悪因子は早く減少しリバウンド、痒みの解消にもなります。