『メディカルカッピング療法』 ~NAT針療法~

2017年5月20日

『メディカルカッピング療法』

~NAT針療法~

 

②尋常性乾癬

 

尋常性乾癬は、正常の皮膚のターンオーバーより早く、表皮細胞が入れ替わってしまう状態で、なかなか難治の病気です。

現在、病院で行なわれている治療法はすべて乾癬の症状を抑える対処療法です。
治療法の中心は、ステロイド剤、光化学療法、免疫抑制剤、ビタミンA誘導体、ビタミンDなどを使ったものですが、症状を抑え、コントロールすることができるのみです。

 

この病気は、西洋型の食事が日本に来入までは少なく、食事が西洋スタイルになるにつれ、この病気が増えたことからも解りますように、

乾癬という病名は中国に起源がありますが、古代中国で乾癬は、魚や羊の食べすぎが原因で起こる病気と考えられていたことが、 その名からうかがわれます。

 

尋常性乾癬の患者さんは、動物性たんばく質の摂取過剰の傾向が見られ、肉食を控えることが治療の重要なポイントであることがわかっています。

野菜中心、食物繊維の豊富な食事をし、腸を綺麗にすることが大切です。

 

病巣が、少ないか、発症して時間が経っていなければ、半年位で治ります。

10年以上病歴があり、ステロイド剤などの治療薬をその間ずっと使用してきたり、

全身に症状が広がっている場合には、完治までに時間がかかります。

 

尋常性乾癬の治療では体内にたまった毒を出すとともに、食せ活を改善して、肉類の摂取を控えることが不可欠です。

肉、とくに羊、牛、内臓類は絶対に控えなければなりません。

 

【治療法】

漢方薬

毒素をためにくい、炎症をおこしにくい体質にします。

生活習慣改善療法

ご本人に生活習慣を改善して頂き、体内に悪いものがたまらないようにしていただきます。

NAT針療法

体の外から悪因子を吸い取ってしまう。吸引すると、リバウンド、かゆみの解消にもなります。

 

【治療例】

※参照:蔡内科皮膚科クリニックより