しみ!!について。

2016年10月25日

しみ、とか美肌についてしっかり考えてみることにした。

 今までは 「こういうタイプの異常、しみなどにはどう対処するか」というようなノウハウばかり学び、その最新知識、方法をみなさんに提供してきたつもりで、今後も、もちろんそうしようと思っているのだけど、、、
どうしてこういったシミができるんだ?とか、なぜA子さんはシミができるけど、同じようにしているB子さんはできないんだ?みたいなことに対する研究というか洞察って少ないと思うんです。またこのしみに対する考え方、文化的な違いなんかも、もう少しちゃんと考えてみたいなと思い出しています。

特に私は最近モナコやアメリカ、バリ、中国、韓国など海外の国際美容学会にも多々出席するようになって、この美に関する考え方の違いとか、受け取り方の違いというのをきちんととらえないと、アジア人に西洋人で流行したりしていること、西洋人だから効果があることをそのままお勧めするようなことになってもいけないなぁと考え出してきているわけです。

今回は、私にとって「しみ」とは・・の原点の記憶から書いてみたいです。

40代以上の方ならご記憶にあるでしょうか?

ロゼット洗顔パスタの「黒子さん」と「白子さん」です。

今なら放送禁止用語スレスレかと思うのですが。
これは昔まだテレビが白黒しかなかったような時代に広告していたものなんです。
新聞の一部にほぼ必ずといっていいほど、この黒子さんと白子さんの会話、シュールな黒子さんと白子さんの漫画絵が載っているのです。
今と違って漫画があふれている時代ではありませんから、子供の私は、お化粧とか全然知らないというか興味がないけれど、とにかく漫画なので見てしまうわけです。

色白の白子さんと日に焼けた黒子さんの対比は子供心にもちょっと恐ろしく。
かつ、
(黒子)「白子さんのお肌はきれいねえ」
(白子)「ロゼット洗顔パスタを使っているからよ」 
というような問答がずっとあるものですから、
顔が黒かったらどうもダメらしい・・ということは、わかりました。
小さい時は夏休みに一番日焼けして、黒さを競ったりしてしまっていた自分も、
「ああ、どうも世の中、そうではないらしいな」と思うわけです。

昔から母がよく「色の白いは七難隠す」とか「お前は、ホクロひとつない体で産んでやった」などと言い、そういうことも、なんか知らんが、肌が白いのは絶対的にいいことなんだ!という刷り込みができてしまっていましたね。

2016-10-05