サプリメントなどで体調を棚上げ

2017年2月7日

昨日もビタミン、サプリメントの勉強会に参加しておりました。

現代人は飽食の時代におり、どちらかというと食べ過ぎなんですが、

自分の好きなもの、食べやすいものばかり食べていると栄養素が偏り、

結局何かの栄養素の欠乏症になってしまう。

いっぱい食べているのに体の中は飢餓状態・・・・・

というパラドックスを起こしてしまいます。

うちのクリニックに来られる方も病名はバラバラですが、

まずは御自分は栄養は足りている、いっぱい食べていると思っておられますが、

採血してみると、

・ひどい貧血
・鉄欠乏症
・亜鉛欠乏症
・ビタミン欠乏症
・タンパク欠乏症

であるとわかって唖然とすることがあります。

特に鉄、亜鉛が欠乏すると皮膚の症状、アレルギーの症状がでやすいので、要注意です。

私はもともとあまりサプリメントをたくさん取るとか、飲むとかより、自然に食事で摂ることを

推進している方なのですが、欠乏症があまりにひどくなってしまうと、

食事で十分量を取ることさえできない体になってしまっています。

たとえば、「お肉食べれません」とか「〇〇を食べるとむかつく」とか言われますよね。

それ、かなり重症です。

そうなると一時的にサプリメントなどで体調を棚上げしないと、

栄養が体の中にはいっていかないみたいですね。

診察でも、どんどんこういった知識を取り入れていくつもりです。

////////////////////////////////////////////////
→当院でも点滴+サプリの治療を取り入れています。
https://watanabe-biyohifuka.com/wp/wp-content/uploads/tenteki_viking.pdf

gahag-003526