色んな漢方を知ろう!〜2〜

2019年5月28日

こんにちは!今日は大阪などでは雨が続きそうですね。梅雨入りでしょうか。これから雨が続くのであれば折り畳み傘などカバンに忍ばしておくのもいいですね!

生姜

皆さんがよく食べる生姜ですが、それは漢方薬でいう生の生姜 です。漢方薬の生姜には二通りあって、その生生姜(ヒネショウガ)と乾燥させた乾姜です。
しかし、それも日本と中国では作り方が違っており、日本でいう生姜とは乾燥させたショウガ、乾とは蒸した後に乾燥させたショウガであり、中国でいう生姜は、本当の生ショウガ、乾姜とは、乾燥させたショウガをいいます。

どれもショウガ科の植物の根茎なのですが、生と乾燥で効果がまったく違ってきます。

生のほうは食べると汗がでて、風邪を治したり、咳、吐き気、食欲不振の改善になります。よく日本でもショウガをすりおろして食事に沿えるのは、このような効能を期待しているわけですね。
乾のほうは、体を中から温める作用が強く、おなかが冷えることによる下痢、便秘、腹痛などにききます。

症状にわけて、食べ比べるわけですね!