クリスマスキャンペーン
クリスマスキャンペーン
Dr.奈津の正しい美容皮膚科
女性婦人科疾患への想い

わたしたちの「美容・アンチエイジング医療へのこだわり」

女性の美容のお悩みは
全部わたなべ皮フ科・形成外科で
スッキリ解消!

「肌にやさしく、より侵襲のない治療を、安全で痛みがなく確実な治療を」がモットーです。侵襲が少ないことはダウンタイムの短さに通じますので、患者様の生活をできるだけ乱さず施術できることが可能です。このような治療を目指すには常に最新の情報を入手し、学習経験を積む必要があり美容皮膚科治療への情熱なしにはできないものだと自負しております。また、医療における美容皮膚科治療は、エステティックとは異なり、すべてのものに癒し効果があり、癒しやリラックス、高級な感じ、というものも人間にとって大事な要素だとは思います。
しかし、医師の役割として特に「安全で確実な治療」に力をいれております。気持ちは良いけれど、ビフォアアフターがはっきりしない治療法や、理論に確実性のないものは除外し、厳選した治療を心がけております。
また目標とするのは「自然な美」「健康的な美」であり、自分でない誰かになろうとするのではなく、「本来のご自分の美しさに気づいて頂ける美容」を心がけておりますので、一部分だけの修正ではなく、全体、全身をみたうえで、患者様とデイスカッションをし、望む美を手にし、維持していただけるように、完全「個別化」〜ひとりひとり美容法は違う〜ということをテーマにその方にあったカスタマイズ治療を心がけております。

LINE限定スペシャル価格
LINE限定スペシャル価格

「常に今の自分が旬である」

「私はもともと形成外科の修練から入ったため、『人を美しくする』、『なんらかの事情で損なわれてしまった容貌をできるだけ回復し、
患者様の心の靄を取る』ということに大変興味があり、集中して参りました。その後、皮膚科の勉強をし、多くの患者様の肌を直接触れさせていただき、 その経験がより生かされることになりました。

  私の「美」の信念は、「常に今の自分が旬である」ということです。また、そう思えること自体が「美」だと考えております。美容形成、美容皮膚科の医者が こう言うのは矛盾をお感じになられるかも知れませんが、「自分は今、美しい」と思えている方なら、なんら特別施術をお勧めしなくても、既に十分お美しいのです。
ですが、なんらかの理由で「そうではない」と思われていたり、今の自分に引け目を感じたり、卑下することがあるならば、是非お手伝いをさせて頂きたいと思っております。
あなたが自分の細胞を、肌を、ご自身を愛し、慈しむことができる真の美しさへと。

わたなべ皮フ科・形成外科

院長 渡辺 奈津

美容医療専用 初診予約 美容医療専用メール相談