トライビーム

しみ、あざ、イレズミも可能で、麻酔の必要がありません。

医療用QスイッチYAGレーザーは、2つの波長をもつため、シミ・肝斑・ほくろ・そばかす・あざ・入れ墨まで幅広い治療が可能です。当院では国内外で高く評価され、しみ・ホクロ・アザ・タトゥー(刺青)等の色素治療に実績のあるレーザー機器トライビームを導入しています。レーザー照射時の痛みは輪ゴムをはじいた程度で、基本的には、塗り薬による麻酔も不要の安全・安心なレーザー治療です。痛みに敏感な方には塗り薬による麻酔もありますので、ご安心ください。

適応症状

・シミ、そばかす、アザ(扁平母斑・太田母斑等)・蒙古斑(異所性)
従来フォト治療、Qスイッチルビーレーザーなどで施術を行っておりましたが、このレーザー使用、併用により、より確実な治療が行えるようになりました。

・肝斑
ほほに左右対称に表れる広範囲のシミです。レーザーではより悪化してしまうことがありましたが、トライビームでは熱ダメージを最大限におさえて、美白レーザーができますので、肝斑治療の第一選択となりました。

・毛穴の黒ずみ、開き、にきび
カーボン塗布して行うカーボンレーザーピーリングにて毛穴に詰まった皮脂・老廃物・古い角質を取り除き、毛穴を引き締めます。また、ニキビの炎症を抑え、皮脂のバランスを整えるため、にきびが改善されるほか、にきびの出来にくい肌になります。

・イレズミ、タトゥー、アートメイキングの除去

Qスイッチとは?

「Qスイッチ」とは、レーザー照射時のパルス幅(照射持続期間)を調節してエネルギーを焦点化することで、シミ・あざ等のメラニンターゲットに対し、適切なエネルギーを最大限に照射することのできる照射法です。そのため正常な皮膚細胞にはダメージを与えることなく、シミ・あざなどを除去することができるのです。
当院のQスイッチYAGレーザー機器

名称未設定-2
トライビーム

トライビーム(TRI-BEAM/Jeisys社製)は、532nmと1,064nmの2つの波長のレーザー光により治療を行うQスイッチNd:YAG(エヌディーヤグ)レーザーです。このレーザーでは、太田母斑や潜在性母斑などのアザの除去から、刺青・アートメイクの除去、そばかすやホクロの除去などを治療でき、さらに肝斑の治療として注目されている、レーザートーニングによる治療も可能です。
Qusai-Long PulseによるGen Technique™という世界初の機能をQスイッチNd:YAGで初めて実現されているので、レーザーの照射サイズは小さく抑え、照射エネルギーはより強力になっています。。小さな治療部位に対し、ごく短時間の照射で済むため、真皮に十分な熱を与えつつ他の正常な肌には不要なダメージを与えません。また、ハイパワーを安全に照射できる特殊なMultiplex-Pulse™Technology機能があるので「レーザートーニング」では、従来のレーザーでは悪化することもあったシミの一種「肝斑」も安全に治療することが可能です。

トライビームで肝斑治療が可能になりました!!
通常のレーザー光は、治療部位一か所に集中してぐっと刺さるような「ガウシアン型」で照射されます。これはシミ治療には効果的なのですが、肝斑治療には不適です。肝斑治療には、台形型で、患部に均一に・マイルドに作用する「トップハット型」のレーザー照射が適しています。
トライビームは、「ガウシアン型」「トップハット型」の2種類のレーザー光を切り替えて照射可能なレーザー機器ですので、シミにも肝斑にも両方使えるわけです。

スクリーンショット-2015-08-19-18.15.28

(所有している二波長の違い)
スクリーンショット 2015-08-19 18.17.05

治療方法

肝斑、美白レーザー
長期の内服治療で改善がみられないような肝斑にも効果的です。美白レーザーは肝斑以外にも毛穴の引き締め、美肌、くすみの改善、はり感の増加にも効果があります。1~2週間に一度、長くて一か月に一度の照射を少なくとも4,5回は行うことが1セットの治療となります。かさぶたができたりしたり等は起きず、どんどん色が薄くなる状態で最後に消失します。その後もメンテナンスで月に1度ほど施術を受けるとベストです。フォト治療などで限界を感じられる場合にはこちらをお勧めいたします。

シミ、アザ、ソバカスなどの除去
皮膚の深い位置にあるシミや、深いところにあるシミを効果的に除去します。通常1回のレーザー治療で終了しますが、深いシミ、アザなどは2回以上の治療が必要となりますので、医師とよくご相談ください。
施術後多少赤身は残りますが、やがてかさぶたができて(無理にはがさないでください)1~2週間後には自然にはがれます。術後、洗顔時にゴシゴシこすらないでください。施術後は薬を塗布し、その後日焼け止めできちんと遮光してください。

イレズミ、タトゥー、アートメイキングの除去
複数の色に対応したレーザーで傷跡を残さずに徐々に薄くします。入れ墨部分を切り取る手術などもありますが、施術後に傷跡が残ることがデメリットです。しかし、トライビームの登場により、刺青除去が格段に進みました。皮膚表皮層に損傷を与えず施術後の傷跡もほとんど残さない刺青除去治療が可能です。また、刺青を徐々に薄くすることができるのが最大のメリットです(複数回のレーザー照射が必要)。

●黒、赤、青など複数色の刺青を除去します。
●肌への負担を最小限に刺青を徐々に、薄くすることが可能です。
●刺青を極力薄くすることはできても、完全に消すことは困難です。
●黄や緑など特殊な刺青の色や、皮膚が厚い部分、刺青が皮膚の深部(脂肪層)まで入っている場合は
レーザーが届かず、除去が困難な場合もあります。

傷跡
適切な照射を行えば、傷跡はほとんど残りません。過度のレーザー照射により、肌の質感が変化する可能性があり、照射間隔を誤ると色素脱失、肥厚性瘢痕、ケロイドが生じることがあります。

治療期間

刺青の場合は色素の深さが深いため、約2~3ヶ月間隔で5~6回の治療が必要となる場合があります。アートメイク(美容刺青)の場合は、色素の深さが相対的に浅く、約2~3ヶ月間隔で2~3回程度の施術でも除去が可能な場合があります。

施術時間

毎回の施術時間は面積によって異なり、数分程度のものから、大きなものになると1時間以上かかる場合もあります。

よくある質問

刺青を消すには、どれくらい治療を受けなければなりませんか?

刺青治療の回数は、「刺青の大きさ」、「色」、「刺青色素の深さ」と「刺青色素の量」によって差があります。刺青色素が深く、色素量が多い場合は、5~6回以上の治療が必要となることもあります。
アートメイク(美容刺青)の場合は、色素の深さが相対的に浅く、2~3回程の施術でも除去が可能な場合があります。

レーザー刺青除去の痛みが心配です・・・

レーザー照射時と治療直後にヒリヒリとした感じがありますが、施術2~3日後には解消します。

レーザー照射後の注意点はありますか?

施術直後に抗生剤の入った軟膏を塗り、茶色のテープを貼ります。翌日からはシャワーが可能ですが、回復過程で施術部位を引っ掻いたりカサブタを無理に剥がすなどの過度の刺激を与えることは避けます。色素沈着を防ぐために強い紫外線を避け、外出時はサンクリームを施術部位に塗ってください。

レーザー照射後の皮膚はどのようになりますか?

刺青除去施術直後の刺青部位は脱色され白色になり、周囲皮膚は多少赤く腫れることがありますが時間が経てば自然に消滅します。

術後の管理はどうしますか?

施術直後に抗生剤の入った軟膏を塗り、茶色のテープを貼ります。翌日からはシャワーが可能ですが、回復過程で施術部位を引っ掻いたりカサブタを無理に剥がすなどの過度の刺激を与えることは避けます。

タトゥーレーザー治療の流れ

ステップ1; 医師によるカウンセリングで状態を確認します。回数や費用などのカウンセリングをいたします。
ステップ2; レーザー照射、痛みに弱い方は麻酔クリームや冷却をします。
ステップ3; 患部をガーゼ保護します。

金額(税抜)

美容医療専用 初診予約 美容医療専用メール相談